ビジネスローンで資金繰り

ビジネスローンで資金繰り

ビジネスローン

ビジネスローンは個人事業主、法人経営者向けの事業性資金融資のことです。

最近では銀行などの金融機関でも扱うところが増えてきました。

保証付きやプロパー融資は業績の悪い企業には貸し出しはしませんが、消費者金融を保証会社にして融資をしています。

銀行系はビジネスローンと言っても審査が厳しいですが、消費者金融系のビジネスローンに特化した会社は、何しろ決済が早く、融通がききます。
ほとんどが代表以外の保証人は要りません。

貸金業法の改正がありビジネスローンに特化した会社もずいぶんなくなりました。
金融機関には日本を支える中小企業の支援を強化してもらいたいものです。
大企業や政治家、役人大事ではこの国は衰退しいずれ崩壊することも考えられます。

ビジネスローン、事業者ローン、商工ローン・・・助かりました。
これからも弱き者をリスクを背負って支援をお願いいたします。

ビジネスローンのことならこのサイト ビジネスローン・事業ローン

ビジネスローンの種類

ビジネスローンの申込みが可能な金融会社には、大まかにいって銀行系とノンバンクがあります。
大体13%〜18%という低い金利でビジネスローンが利用できることが、銀行系ビジネスローンの強みです。

ビジネスローンを銀行系から借りようとすると、申込み時の書類作成や、手順そのものが大変になってしまいがちです。
条件のいい融資を受けられる反面、手続きは煩雑になりがちで時間がかかることが銀行系の特徴です。

ノンバンク系のビジネスローンは24%〜29%での融資となり、貸付上限金額も銀行系より低く、融資の条件はよくありません。
審査は比較的時間をかけずに済みますし、窓口に行かずとも手続きができるところもあります。
早急にお金を用意したいときに、ノンバンク形のビジネスローンは使えます。

担保が不要な融資、売掛債権が担保になる融資、有担保の融資、商業手形割引を利用するタイプのビジネスローンがあります。

担保がない状態で融資を受けることができるかどうかで、ビジネスローンの条件はかなり差が出ます。
担保の代わりに、売掛金債権を使うものが売掛債権担保融資となります。売掛金を早いうちにお金にしたい人が使うものです。

決済の時の受取手形を金融機関に裏書譲渡することで、手形にするビジネスローンのことを、商業手形割引といいます。
手形を担保に融資を受けるビジネスローンであるといえるでしょう。

 
ビジネスローンの特性

ビジネスローンの特性は、限度額が低く、完済までの期間が短いことです。

ビジネスローンの強みは、担保や保証人がいらず、審査にも時間を要さない点です。

ビジネスローンは、これがビジネスローンだという決まりはありません。そのため、担保や保証人のあるビジネスローンもあれば、返済が長期にわたるビジネスローンもあります。

ビジネスローンは、即座に現金が用意できなければ状況がよくないという時や、数日後に入るお金が今いるという時に効果的です。当面のつなぎ資金を必要としている時など、ビジネスの場で、とっさに現金が必要になる場面は様々です。
ビジネスローンを賢く使うことで、ビジネスで資金を必要とする時を逃さず使えるようになるでしょう。

会社の発展のために新たなことを始めようとしても、元手がなければ指1本動かせないということもあります。ビジネスローンがあれば、元手が少なくとも事業を立ち上げられます。

金利が高めになっていることが、ビジネスローンでは注意したいところです。返すあてがある時だけに限定して、ビジネスローンを使っていれば後々トラブルが起きることはありません。
上手にビジネスローンを使わないと、取りかえしのつかない事態になってしまう可能性もあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ